勉強できる子にしたい!

我が家のお姉ちゃま⭐︎

今日は学校の個人面談があり

NRTの結果をもらってきました。

 

田舎の学校なので

学年ごとの平均点は低いのですが

なぜか?

お姉ちゃまの学年だけ妙に高い。

なぜだろう?

 

考えられるのが‥

①教育熱心な親御さんが多い

②1・2年生の時の担任の先生の細かい指導が良かった

この2つ。

 

 

前にも書いたんですが,

去年の2年生の時の授業参観日

5分前に学校に着いて教室に行くと

お姉ちゃまのクラスは

みんな着席して

口頭算数をして

落ち着いていました。

 

隣の3年生の教室を見てみると

まだ昼休みモードといった感じで

ワイワイしていました。

 

お姉ちゃまの担任は

定年間近の先生。

でしたが,

小2のお姉ちゃまが

感じるほど

細かいことをしっかりやらせる先生だったのです。

 

ここまで

心の準備ができていたので

スーッと

授業にみんなが

みんなが

スーッと入ったように見えました

 

隣のクラスは

まだ騒ついています笑

 

そんなこともあったので

今回のNRTの結果は

勉強の土台になる12年生を作って下さった

先生方の指導の賜物だなーと

親子で感じています。

話が長くなりました。

 

 

大事なこと!!

それは

勉強をすることではなく,

日頃の細かいところを見つけて

見ているよーの合図を送ること!!

これだと思っています。

 

ちょっとしたことの

重要性の話をして

見ているからねー!

って。

 

塾での指導もこの考え方がベースにあります。

勉強ができる子って

勉強以外のことがしっかりできます。

 

物を見る視点をつける会話が

塾でできればいいなーと

思っています。

 

特に小学生は!!

 

コメント

PAGE TOP